舞台DVDは全ての作品が買取可能なのか

舞台のDVD買取をしてほしいという場合、大半の作品タイトルにつきましては「買取可能」としているところが多いでしょう。
とはいえ、全ての舞台DVDが買取可能だというわけではありません。
そこで、買取不可となってしまうDVDについて見ていくことにしましょう。

市販されていないDVDについて

いわゆる販促用などに使われていた非売品のDVDです。
一見すると貴重で価値があると思われがちで、高値につながるのでは?とも考えられるものではありますが、こうしたものに関しての買取を実施しているところはないと考えて良いかと思います。

個人的な作品について

先のことでもお分かりかと思いますが、個人単位での舞台をDVDに収めたものなどの買取も不可となっています。
権利的な問題やその他法律的にも抵触をする可能性もありますので、買取は出来ないと認識していただくのが良いでしょう。

修復不可能なDVDについて

多少の汚れや傷があるという状態であれば、その価格は期待できないものの買取は可能としている店舗や業者が大半でしょう。
しかし、修復不可能と判断された作品につきましては、買取不可となっています。
この判断は、店舗などによって異なってきますので、まずは査定依頼をしてみるのも1つの方法といえるでしょう。

各店舗や業者のガイドライン外のものに関して

各店舗や業者によって買取の判断基準というものが異なることも少なくありません。
ですので、ガイドライン外のものにおいては買取不可という事もあるでしょう。

買取不可のケースについて考える

今回は、買取不可というケースについて考えていきました。
このような要素を知っておくことにより、買取についての判断基準も作りやすいかと思います。

関連する記事